純国産ハチミツ

清園養蜂 アカシアハチミツ【200g】

honey-12
honey-12
honey-12
honey-12
honey-12
honey-12
honey-12
honey-12
honey-12
honey-12

    清園養蜂 アカシアハチミツ【200g】

    商品番号:honey-12
    在庫状況 : 在庫有り
    ¥1,500(税別)
    数量

    店長のコメント
    master マイルドな口当たりで、クセがなくとても食べやすいハチミツです。軽やかな味わいで何にでも良く合うオールマイティなハチミツです。
    • 商品詳細説明
    • 商品レビュー( 0 )

    アカシアハチミツの特徴マイルドな口当たりのアカシアハチミツは、固まりにくく扱いやすいため、定番のご家庭での常備ハチミツとして、とても人気のある商品です。

    上品でクセの無い風味なので、そのままお召し上がり頂いても美味しいですし、何にでも合うので調理にもむいています。
    また、美容効果にも覿面です。くちびるの荒れや肌荒れの患部に塗ったり美肌パックに活用されています。整腸作用もあります。


    オススメレシピ

    ハチミツ水
    手作りイオン飲料・ハニーウォーターDD
    「大汗かいたら、はちみつ水」(「ひとさじのはちみつ」より)

    用意するもの

    • 天然はちみつ 大さじ1杯
    • 水 250ml
    • 天然塩 小さじ1/16~1/8杯
    • ビタミンC原末(アスコルビン酸) 小さじ1/8~1/4杯
      (または新鮮なレモン果汁 大さじ1/2杯)
    • ハチミツは、体調や気分によって、お好みのものを。

    作り方

    1. 分量のはちみつ、水を合わせ、最少量の天然塩とビタミンCを加えて、材料が溶けるまでよくかき混ぜる。
    2. 味を見て、分量の範囲内で塩分と酸味の調節をしてできあがり。

    (「はちみつ日和」花とミツバチと太陽がくれた薬 前田京子著 より抜粋)

    関連商品

    清園養蜂 -kiyozono yoho- とは?

    清園養蜂(きよぞのようほう)では、
    純国産・非加熱の日本ハチミツを取り扱っております。
    貴重な日本蜜蜂のハチミツは、
    さらさらした甘さの中に、奥深い濃厚な味わいです。

    このような方ににオススメです

    • 純粋な日本ミツバチのハチミツをお探しの方
    • なかなか市販のハチミツで満足できない方
    • 大切な方への贈り物をお探しの方

    ハチミツと相性の良い食品

    ハチミツ ✕ チーズ

    ハチミツ ✕ チーズ

    チーズにハチミツをかけて、ワインといっしょに。

    同じく「ハチミツ ✕ ピザ」もおすすめ。
    チーズとの相性が良いのでレシピ様々。

    オススメのハチミツはこちら>>
    ハチミツ ✕ ヨーグルト

    ハチミツ ✕ ヨーグルト

    就寝前に召上がるとダイエット効果も期待できます。

    オススメのハチミツはこちら>>
    ハチミツ ✕ トマト

    ハチミツ ✕ ヨーグルト

    就寝前に召上がるとダイエット効果も期待できます。

    オススメのハチミツはこちら>>
    ハチミツ ✕ 鶏の照り焼き

    ハチミツ ✕ 鶏の照り焼き

    鶏肉をふっくらジューシーにさせる効果があります。

    「ハチミツ ✕ 味噌」もおすすめ。 ハチミツと味噌を混ぜるだけ。ディップにもなります。

    オススメのハチミツはこちら>>
    ハチミツ ✕ コーヒー

    ハチミツ ✕ コーヒー

    ブラック派ではなく甘いコーヒーがお好きな方に。香りが立ちます。

    「ハチミツ ✕ 納豆」もおすすめ。
    納豆に砂糖というのもありますが、ハチミツをかけるとかなり美味です。

    オススメのハチミツはこちら>>

    ハチミツよくあるご質問

    一般のハチミツとは、何が違いますか?
    スーパーなどで市販されているハチミツのほとんどは、加熱処理など加工された西洋ミツバチのハチミツがほとんどです。
    清園養蜂のハチミツのような非加熱のものは非常に少なく、加熱処理されたハチミツと比べられないほど美味しいです。
    ハチミツって、どれも同じだと思いますが…。
    それが違うのです。
    毎年ワインの味が違うように、毎年はちみつの味も違うのです。ぜひ一度、清園養蜂のはちみつをお試しください。
    日本みつばちと西洋みつばちの差はなんでしょう?
    蜜蜂には「西洋蜜蜂」と「日本蜜蜂」がいます。
    西洋蜜蜂は、同じ花蜜を採る事ができ、ハチミツを採取が比較的容易だと言われています。
    日本蜜蜂は、同じ花蜜を採ることができず、また逃げてしまうので、非常に貴重で高価な商品です。